『大規模な個展始まる―PART②』 

今月の27日まで日本橋高島屋で開催中の個展が、ようやく半ばに入った。しかしまだ会期が半分以上あるので、これからどのような方々が来られるのか楽しみである。今回の個展では、会場の中にパルテノン神殿にあったギリシャ彫刻『セレネの馬』がインスタレ―ション的に、大きな三角定規、ダ・ヴィンチの布の素描、暗示的な14の数字……などと共に構成されて展示してあり、来廊者の目を驚かせている。私はこの、大英博物館所蔵の『セレネの馬』がたいそう気にいっており、版画やミクストメディアで作品化しているが、その見事な石膏像が7月にロンドンから届いたので、個展の為に展示したのである。巨大なのでかなりインパクトがあるが、今回の展示している数々の作品が放つ強い磁場と合わさって、会場に硬質な緊張感を醸し出している。…………個展の一日が終わり、夜にアトリエに戻ると、つい先月までアトリエを埋めていた作品が全て個展会場に運ばれてしまった為にたいそう静かである。……個性ある様々な役者逹が劇を演ずる為に舞台に行った後の、まるで静まりかえった楽屋のようである。その役者逹のほとんどがコレクタ―の人逹との幸福な出会いを経て、その人逹の元へと行き、私のアトリエにもはや戻ってくる事はない。……私はそのアトリエの中にいて、つい先月まで没頭していた制作の日々のことを思い出していた。

 

……制作は、今年の6月から始まった。6月から10月まで、およそ150日で85点。芸術を紡いでいくこの速度は相対的に計れないので、速いのかどうかはわからないが、美の先人逹の速度に想いを馳せると、私のこの速度に近いのはゴッホである。奇跡の二年と言われた最晩年の二年間、二日に一点の速度でゴッホは描いていたのである。……しかし、ゴッホより速いのが佐伯祐三で、一日に一点。フラゴナ―ルは三時間で一点の肖像画を仕上げていたという。……しかし、最も速いのはやはりミケランジェロが描いた、ロ―マ、システィ―ナ聖堂の天井画に指を折る。早く仕上げなくてはならないフレスコ画という事もあるが、畳3枚分の面積を彼は三時間で、最高度の表現世界を描いていたのである。昔読んだ宮城音弥氏の『天才』(岩波新書)によると、レンブラントの名作銅板画『三本の樹』は、女中が街に買い物に行って帰ってくる間に仕上げていたという。……ただ、速さと同時に大事なのは、いうまでもなく完成度の高さである。この2つは両刃の難しさがあるが、その2つを作品に孕ませていくところに作り手である事の、創る醍醐味がある。……池田満寿夫氏はかつて私を評して「異常なまでの集中力の持ち主」と書いてくれたが、池田氏自身も、版画集の最高傑作『スフィンクスシリ―ズ』を僅かに3週間で完成させている。……三島由紀夫が、その眼力を澁澤龍彦氏と共に最も評価していたドイツ文学者の種村季弘氏は、「美術の分野で、作品の完成度の高さでは北川健次を越える者はいない」と断言してくれたが、私はその言葉を自分に向ける常なる刃の切っ先として自らを追い込み、この「完成度の高さ」というものに自分を強いて制作している。……そして、その意識の緊張は、今回の個展でも、観者の人逹の感性に直に伝わっているように思われる。……とまれ、まだ個展は27日まで、暫く続いていくのである。

 

 

 

 

 

カテゴリー: Event & News   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律