北川健次版画作品のコレクションをご希望されます方は、お気軽に直接お問い合わせください。
なお、限定が小部数のために完売・絶版となりましが場合はご了承ください。

『美の侵犯―蕪村×西洋美術』

『美の侵犯―蕪村×西洋美術』

西洋の美術家たちの表現世界に、与謝蕪村の俳句と重なるイメージの数々があった。蕪村の俳句と西洋美術を対にし、いかに芸術家たちの魂が触れ合っているかを紹介する。『ギャラリー』連載に書き下ろしを加え単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

詳しく見る

『渦巻カフェあるいは地獄の一時間』

『渦巻カフェあるいは地獄の一時間』

詩と写真によるA・ランボーの変奏

渦巻カフェは
昼も夢幻だ
(「0 WEST」)

詩のことばが写真とオブジェにからまりながら、どこまでも都市を彷徨い続ける。ランボーに魅せられ、ダンテに導かれた二人の作家による、現代版〈地獄くだり〉。野村氏の詩と北川氏の写真・ミクストメディア・オブジェによる、現代の詩画集の試み。装幀=伊勢功治

詳しく見る

サン・ラザールの着色された夜のために―北川健次写真集

サン・ラザールの着色された夜のために―北川健次写真集

写真は記録以外の領域でこそほんとうの力を発揮できる事を北川氏は知っているのではないだろうか。実像を通りぬけ、イリュージョンの中にそっと入り込んでしまうのが彼の写真だ。/暗闇のなかで私たちは道のイメージに接するようにアナロジーと謎を喚起してくる何とも不思議な氏の影像のまえでさらなるパラドックスを知るのである。 川田喜久治(写真家)

詳しく見る

絵画の迷宮

絵画の迷宮

「モナ・リザ」ミステリーがタイトルを変えて文庫化されました。
北川健次が、美術家としての直観と常識を覆す斬新な分析によって、絵画史上最大の謎に挑む。モナ・リザの他、光の画家フェルメール・ピカソ・ダリ・デュシャンの創造の秘密に迫る3篇を収録。()

詳しく見る

死のある風景

死のある風景

死は、私たちの懐かしい隣人である。身近な人びとの死、文学や美術作品の中の死、そして、著者自身が抱く死のイメージ―。さまざまな『死』の横顔を媒介に、エッセーとヴィジュアルが切り結ぶ『死のコレクション』。

詳しく見る

「モナ・リザ」ミステリー

「モナ・リザ」ミステリー

北川健次が、美術家としての直観と常識を覆す斬新な分析によって、絵画史上最大の謎に挑む。モナ・リザの他、光の画家フェルメール・ピカソ・ダリ・デュシャンの創造の秘密に迫る2作を収録。

詳しく見る

  •  
  •  

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律