『大規模な個展、16日まで開催中』

前回のブログでもお知らせしたが、東京日本橋高島屋本店6F・美術画廊Xで、今月の16日(月)まで個展『直線で描かれたブレヒトの犬』を開催している。日本では最大級の画廊空間なので、80点近い新作が一堂に展示されている光景は確かに圧巻である。…今年はコロナ禍の影響もあり、銀座などの画廊は人が来ないという話を聞いていたので少し案じてはいたが、それは杞憂にすぎなかった。こと私の個展に限っては初日から来客が多く、遠方からも遙々来られ、じっくりと個展を楽しんで行かれる方が多い。また会場が広く換気は完璧にされているのできわめて安心である。ために画廊に人が耐えた事がなく、実に盛況である。……7月に高島屋美術部の福田朋秋さんがアトリエに来られ、未だ制作中の作品を観て、「更に深化している」という感想を話されたが、その予見通り、個展に来られたコレクタ―の人達、美術館の学芸員諸氏の意見も同じく、今までの私の個展で、今回の個展が完成度の高い作品が一番揃っているという意見が圧倒的に多い。その事を映してか、今までコレクションされる作品を直感、速決で決めていた人達も、今回の個展では会場を何回も廻られ、真剣勝負で作品を選ばれていく姿は、作者として、今までの個展以上の手応えを覚える光景である。そして、作品を一点選ぶのではなく、複数の作品を購入されて行かれる方が今回は実に多い。また初めて私の個展に来られた方も多く、会場内に作品各々が放っている強度なアニマに押されて直の反応を見せ、作品を購入し、新しいコレクタ―になる人が増えているのが、今回の個展の特徴である。……自分の中に在る様々なイメ―ジの引き出しを全開するようにして制作に専心して来たのが、今回の作品の評価に繋がったと思っている。……表現とは、全てが表に出て顕になるという意味だと私は解している。それは隠しだてや嘘が通じない実に恐い事であり、故に真剣勝負でやれば、打てば響いて形に成るという、実に遣り甲斐のある事なのでもある。……そしてその厳しい世界に私は生きているのである。

 

……個展の会場で、来られた方々の拙作を観る様子を見ていると、「美術はこうだ!」と限定して考えている人達は、もはや美術の域を越境した私の作品の極めて独自な表現構造に戸惑いを覚えるようであるが、足を永く停めてじっくりと観ている人達は、ただ眺めて鑑賞するという域を越えて、作品を通して自身と向き合い自問するという「観照」の域に入り、真剣勝負で作品と対峙しているように思われる。……昔、池田満寿夫さんは「自分の作品の前で、人々がどれだけ時間をかけてその作品を観ているか、その長さが最高の批評だよ」と私に言ったが、時折、その言葉を実感を持って思い出す事がある。作品とは、言葉の正しい意味において本質的に匿名である。しかし、情報化が進んだ今日、多くの人々は、作者の名前に縛られて、作品の本質(芯)に自在に入り込んで来る人は案外に少ないかと思われる。……その意味でも、私の作品の前で長い時間をかけてじっくりと観ている人達の姿は、何よりの手応えある光景なのである。

 

 

 

 

 

 

 

個展は16日(月)までなので、残り一週間になった。遠方からも旧知の方々が来られて嬉しい再会を果たしているが、新しいコレクタ―の方が増えたのも、また今回の個展の嬉しい成果である。……ともあれ、残り一週間、意味深い貴重な時間が流れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Event & News   タグ: ,   このメッセージのパーマリンク

コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律