ロンドン

『シェイクスピアは別にいた』

新年早々におもしろい映画を観た。タイトルは『もうひとりのシェイクスピア』。200年以上前からささやかれていたシェイクスピア別人説(つまり、シェイスピアは仮の名で実作者は別人であった)に迫る第一級のミステリーの映画化である。私たちの知っている(と思っている)男、英国ストラトフォード出身のウィリアム・シェイクスピア(1564~1616)という人物は、実は読み書きの出来ない商人の息子。そんな男に、高等教育を受けなければ得難い学識や、宮廷生活、外国語にも通じていてはじめて執筆可能な芝居「マクベス」「リチャード三世」「ロミオとジュリエット」などの戯曲が書けるはずがない。ゆえに間違いなく作者は別にいたという推理の視点から始まり、文武に秀でた貴族エドワード・ド・ヴィア(オックスフォード伯)に実作者としての焦点が絞られていく。事実、この人物に冠せられたあだ名は「槍をふるう人(spear-shaker)」であるが、それを反対にすれば(shake-spear)、つまりシェイクスピアになる。他にもフランシス・ベーコン説など幾つかあるが、ともあれ、キューブリックの『2001年宇宙の旅』を私は〈視覚による進化論〉と評しているが、この映画はその意味で〈視覚による第一級のミステリー〉といっていいほどの面白さであり、ぜひお勧めしたい映画である。

 

私がシェイクスピア別人説に興味を持ったのは今から二十年以上前である。私のアトリエにはシェイクスピアのデスマスクとして伝わる石膏像があった。それはいわゆる私たちの知るあの有名な面相をしているが、もし別人説が事実であるとすれば、今私が持っているマスクは果たして何者なのか!?という事になり、マスク自体が更なる仮面性を持って入れ子状の無尽の謎が立ち上がって来た。その勢いのままに、ここに掲載したオブジェを一点作り上げたのである。画面ではよく見えないかと思うが、この二つのマスクは何本もの細いピアノ線で編むように結ばれており、全体の形状は、円というよりも横長の楕円状である。楕円は私が最も好む形であるが、それは、平面上の二定点からの距離の和が一定となるような点を連ねた曲線(長円)の事を言う。つまり、中心点(焦点)が二つ在るという意味で、それはシェイクスピア別人説の意味とピタリと重なるのである。オブジェという言葉は、日常的に人々は安易に使っているが、フランス語の本来の意味〈正面性を持って迫ってくるもの〉から深めて、私における意味は〈言葉で語りえぬものの仮の総称〉として存在する。その意味でもこのシェイクスピアというモチーフは恰好のものであり、私は個展で発表する作品ではなく、私的な作品としてこれを作ったのであった。別ヴァージョンとして、反対称と鏡を主題とした版画集の中に所収した銅版画を一点作っているが、ここに掲載したオリジナルのオブジェを実際に見た人はおそらく少ないであろう。この作品は制作した直後に、アトリエに作品購入の件で来られた福井県立美術館の館長である芹川貞夫氏の目に止まり、今は他のオブジェの代表作と共に美術館のコレクションに入っていて、私の手元には既に無い。

 

私がシェイクスピア別人説に興味を持ってオブジェを制作したちょうど同じ頃に、この映画の脚本を書いたジョン・オーロフと監督のローランド・エメリッヒは、やはり別人説に興味を持ち、封印された完全犯罪に挑むようにして、この度実現した映画化の準備に着手していたようである。日本でいえば、ちょうど関ヶ原の合戦の頃にシェイクスピアは円形劇場のグローブ座を建てているが、当時のロンドンの街並みがリアルに再現されていて目をみはるものがある。ロンドンはやはりミステリーがよく似合う。私は久しぶりにイメージの充電をした思いで、映画館を後にしたのであった。

 

カテゴリー: Words | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

『遠い夏の記憶』

日射病という言葉がいつしか消えて、代わりに熱中症という言葉がこの国に定着して既に数年が経つ。最初にこの言葉を聞いた時は、単純な熱血漢の青年を指す呼び名かと思ったが違っていた。こういう言葉は誰が考えて定着させるのだろうか・・・と、ふと思う。とまれこの勢いで行くと、数年後は〈灼熱症〉という言葉に入れ換わっていてもおかしくはない。

 

エレファント・マン

日本は熱中症で毎日死者が出ているが、ロンドンではひんやりとした気象の中でオリンピックが開催されている。競技の中心地は東部地区。つまりイーストエンド地区であるが、この辺りは〈ロンドンの恥部〉 〈ガイドブックに載らない地区〉と云われ、治安の悪さで有名である。今から124年前の1888年に起きた「切り裂きジャック事件」や「エレファント・マン」は有名であるが、最近まで凄惨な事件が度々起きており、旅行者はあまり訪れる場所ではない。

 

シャーロック・ホームズ

今から21年前の夏から三ヶ月間、私は半年間棲んでいたパリを離れて旅の拠点をロンドンへと移していた。暗いどんよりした雲が空を覆い、ロンドンは終日が陰翳で、ミステリーを愛する私にとってイメージにピッタリとした雰囲気を街は呈していた。当時の私の『滞欧日記』なるものを開いてみると、例えば8月1日の日付のある日は、上記したイーストエンド地区にあるホワイト・チャペル界隈にいたと記してある。ホワイト・チャペル。・・・響きは美しいが、このエリアこそが切り裂きジャックによる五件の犯行現場なのである。それに加えて、エレファント・マンの見世物小屋が在り、映画に登場するロンドン病院(ここの病理学展示室にはエレファント・マンの骨格標本が現存する)の当時のままの建物が在る。1887年と1888年にはヴィクトリア朝時代のイギリスの魅力を決定づける三人の怪物(モストロ)がこの街に登場する。一人は「緋色の研究」で突然のデビューを飾った知的怪物 – シャーロックホームズ、そして切り裂きジャックと、ジョン・メリック氏ことエレファント・マンである。

 

切り裂きジャック

1991年・8月1日。私は切り裂きジャック研究の第一人者である仁賀克雄氏の本を携えながら五件の現場を巡り写真を撮っていた。そして、最後の被害者となった売春婦メアリー・ケリーが「次は私の番だわ」と話して出て行ったパブ(ドーセット通り26)の店内にいて、澁澤龍彦氏が犯人名をジョン・ドルイットなる人物に断定している根拠について考えていた。コナン・ドイルは現場における犯人像を女装者として推理し、澁澤氏は法律を学ぶ若者を犯人としている。今日では筆跡及びDNA鑑定などにより、真犯人はシッカートという名の(ドガなどとも交流のあった)画家にして版画家、そして評論も書く人物にほぼ絞られている。〈画家にして版画家・・・そして評論も書く!?・・・・おぉ、それは私と重なるではないか!!〉

 

ロンドンでの三ヶ月間は、今思えば短いものであったが、イメージの充電として実に充実した期間であった。最初はビクトリア駅近くのホテルにいたが、まもなく、ビートルズアビーロードで知られる場所の北東の家に下宿してからは毎日がミステリーに沈潛する日々であった。その収穫が創造力に活力を与えてくれて、美術の分野にだけ収まりきらない私の表現の独自性とエッセンスをもたらしてくれていると、今はつくづく実感している。

 

余談であるが、〈切り裂きジャック・・・JACK  THE  RIPPER〉という実にうまいネーミングは、実は犯人自身が考案し、新聞社に送った手紙の中に記したものである。この名前のジャックとは、イギリスでは最も多い名前の一つであるが、私が推測するに、それは〈JACK IN THE BOX〉- つまり〈びっくり箱〉から来ているのではないかと思っている。突然飛び出して来るジャック君、そのイメージは闇の中から突然現れて、たちまち消え去っていく犯人像に、そのまま結びつくように思われるのだが如何であろうか・・・・。

 

カテゴリー: Words | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

北川健次詩集『直線で描かれたブレヒトの犬』
Web 展覧会
作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律