浜田知明

『洗濯女のいる池―ブルタ―ニュ篇・Part②』

「パサ―ジュVERO-DODATで作品を展示してみないか?」。……友人の作家I氏からの突然の吉報に私は驚いた。もちろん異論がある筈などないが、話を聴くと次のような流れをI氏が話し始めた。……30年近くパリに滞在し帰国していたI氏に、パサ―ジュを舞台にした私の夢想はそれとなく話していた。それがI氏を通じてパサ―ジュ『VERO―DODAT』で美術と文学の古書を商うベルナ―ル・ゴ―ギャンという人物の耳に伝わり、興味を示してくれた事で、夢想に過ぎなかった、作品を展示したいという仮想が実現する道が開けたのである。しかも「ゴ―ギャン氏は君の事をちゃんと覚えていたよ」と言う。「!?」と思い聴くと、15年前に私がパリに半年ばかり滞在していた時に、パリのア―トフェア―にI氏と一緒に行った際、会場でたまたま出会ったゴ―ギャン氏に紹介して歓談しているという。…………私はようやく思い出した。確かゴ―ギャン氏と云えば、ハンス・ベルメ―ル作品の世界的に知られるコレクタ―で面識が広く、画家のホックニ―やレオノ―ル・フィニたちとも親交がある一流のディレッタント(好事家)であったと記憶する。そのゴ―ギャン氏にI氏から、私のパサ―ジュへの想い、版画集にそれを籠めて『反対称/鏡/蝶番―夢の通路VERO―DODATを通り抜ける試み』というタイトルを付けた事などを話すと、ゴ―ギャン氏は「実に面白い。それこそがパサ―ジュというものが持っているエスプリだよ」と言って、作品の展示を私の店でやろう!と快諾し、かなり乗り気なのだと言う。……あの時、あの午前の薄暗い無人のパサ―ジュの長い通路の中に、ゴ―ギャン氏の店があったのか!……時空間を隔てながらも、何か不思議な引き寄せの力に導かれていくのを感じ、I氏からの電話が終わった後も、未だ半信半疑、夢見のような気分であった。……しかし、パリに行くとなったら、いつ、何日間、具体的な手筈は?旅の資金は?…………あまりに突然、急に降って湧いた話から現実への移行へと頭が移っていった。…………そして、今一つの不思議な導きの話がそのすぐ後にやって来る事を、私はまだこの時知らなかった。……パサ―ジュでの作品展示の可能性が出て来たのと、ほぼ時期を同じくして、パリに行って取材記事を書いてほしいという、実にタイムリ―な仕事が舞い込んで来たのである。

 

 

……あれは確か、熊本の画廊で版画集の個展を開催し、会場に来られた版画家の浜田知明さんにも久しぶりにお会いして、東京に戻る時の飛行機の中であった。私はANAの機内誌『翼の王国』の海外の旅を取材した記事を読んでいた。あまり面白い文章ではなかった。文書に起伏がなく艶が無いその記事を読んでいて、生意気にも私は「この程度なら、自分の方がもっと上手く書ける」……そう思った。旅の取材の記事は、以前に『SINRA』という雑誌や『東京人』『太陽』などに書いた事があった。それを思い出したのである。……しかし、数日後に知ったのであるが、飛行機に乗っていた正にその時、地上の東京では、私に旅の取材記事を書かせるべく編集会議が開かれていたのであった。……その編集会議が『翼の王国』なのであった。

 

数日して電話が入り、私は編集長達と代官山のカフェで会った。……実はパサ―ジュとの出会いから帰国してすぐに版画集の制作に入ったのであったが、同時進行で『「モナ・リザ」ミステリ―』という題名の200枚ばかりの中編原稿を執筆し、以前に文藝誌の『新潮』に発表した二篇と併せた単行本を新潮社から刊行したのを編集長達は読んでいて、執筆を……という経緯になった事を知った。……「ANAが飛んでいる就航空港地ならどの国でもいいですよ」と言うので、即決で取材先をパリに決め、「時間隧道・パサ―ジュを巡る」というテ―マで、急きょ旅立つ事になった。同行は写真家のH氏、編集部のY氏。そしてパリでは通訳のK女史が合流しての7日間の旅へと急ぎ旅立った。(勿論、展示する為の版画集『反対称/鏡/蝶番―夢の通路VERO―DODATを通り抜ける試み』と一点のオブジェを携行して)

 

しかし、パリの空港に着くと、迎えに来てくれた通訳のK女史が落ち着かない様子。「今日、ゴ―ギャン氏から連絡が入り、取材予定日を急きょ変更して3日後に変えてほしい」との事であった。……着いた翌日からパサ―ジュVERO―DODATのゴ―ギャン氏に会って先ずはインタビュ―と作品展示の予定であったが、出足で躓いた感があった。……「急きょ予定を変更する訳は、何か不測の事態でも起きたのですか?」と私がK女史に問うと、「急にブルタ―ニュに行く事になってしまった」と言って、ゴ―ギャン氏からの連絡が途絶えてしまったとの事。もはやゴ―ギャン氏の言葉を信じて3日後を待つしかない。私達は急きょ予定を前後して、翌日の朝、モンパルナス駅からナントへと向かった。ナントにある階段状のパサ―ジュ『ポムレ―小路』の取材から始めたのであるが、このナント行きを経て、そこでもイメ―ジの閃きが立ち上がり、それが次の版画集『NANTESに降る七月の雨』に繋がっていくのであるが、それはまた別な話。……それにしても、予定していたスケジュ―ルを変更してまで慌ただしく、はるばるブルタ―ニュへと向かったゴ―ギャン氏の身に何が起きたのであろうか?……ブルタ―ニュ、果たして、そこに何があるのであろうか?

 

(次回、最終篇に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Words | タグ: , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

『回想・浜田知明さん』

……先月の16日、午後から私の作品集の色校正に向かう前に少し時間があったので、引き出しを開けてオブジェの断片に使うコンパスを探していた。その引き出しは工具以外は入っていない筈なのに、何故か1枚の葉書がそこに紛れこんでいた。……妙だなと思って手に取ると、それは以前に版画家の浜田知明さんから頂いた年賀状であった。自筆の青いインクで「これからも良い作品を作り続けていって下さい。浜田知明」と書かれた、私への励ましの文が記されていた。……一瞬ヒヤリとする予感が背筋を走った。以前に、佐谷和彦さん(画廊の立場から日本の現代の美術界を強力に牽引された)が亡くなられる数日前に、夢の中で、背中に眩しい光を放ちながら、私に満面の笑みを送ってくる佐谷さんの夢をみた、その2日後に佐谷さんは急死されたのであるが、それに似た感覚がその時に卒然と立ったのであった。……果たしてその翌日の17日に浜田さんは逝去された。享年100才。その報は、いま私の個展を開催中のCCGA現代グラフィックア―トセンタ―館長の神山俊一さんから頂いた。

 

私が独学で銅版画を始めたのは19才の時であった。当時は版画が活況で、『季刊版画』という密度の濃い季刊誌を読みながら、その中に登場する、駒井哲郎、棟方志功、池田満寿夫……といった人達の記事を読みながら、自分も版画史の中に入っていくような作品を作りたいという熱い想いに没頭するような日々を送っていた。その後、幸運にも駒井哲郎、棟方志功、池田満寿夫といった先達に評価されて、版画家としてスタ―トしたのであるが、若年の私には、いま一人の意識する先達がいた。それが浜田知明さんである。浜田さんと同じ壁面に作品が飾られるという体験をしたのは、私が30才の時、東京都美術館が企画した『日本銅版画史展』であった。そして、実際に浜田知明さんに出会えたのは翌年に開催された『東京セントラル美術館版画大賞展』の受賞式の時であった。この展覧会で私は大賞を受賞したのであるが、その選考委員の一人に浜田さんがおられたのであった。式の時に、やはり選考委員であった池田満寿夫さん達と話をしていると、会場の奥から浜田さんが、私を鋭くじっと見ながら近づいて来られた。版画の分野を越えて、戦後の日本美術史にその名を刻む人を前に、まだ若僧の私はいささか緊張した。しかし、浜田さんは開口一番、笑みを浮かべて「あなたの今回の受賞作『アンデスマ氏の午後』を大分の美術館に入れたいのですが、まだ在庫はありますか?」と云われたのであった。その作品は、この展覧会の直前に番町画廊で開催した個展で完売してしまっていたのであるが、私は自分用に取ってあるAP版ならありますと答えたのであった。……それから浜田さんはご自分で開発された秘伝の技法というべき貴重な隠しテクニックをその時に詳しく教えてくれたのであった。……私にとって必要な、しかし前に進むには未だ知らない技術を、浜田さんは拙作を観て鋭く感じとられていたのである。……しかし、その後、浜田さんは熊本に住まわれていてなかなかお会い出来ず、年賀状のやり取りが続いたのであるが、後に版画集の個展を熊本の画廊で開催した時に、浜田さんは二日続けて画廊に来られ、長い時間、じっくりと私は浜田さんとお話しをする幸運な機会を持てたのは、今思い返しても貴重な体験であり、表現者としての財産となっている。「私はあなたの作品が大好きなんですよ」と何度も云われた浜田さんに、私の作品のどういった面が好きなのですか!?」という大事な、当然聞いておくべき事を聞いておかなかったのは不覚であるが、それが何であるかは、実は私は想像がついている。後日、私が熊本の個展を開催した画廊の人が運転する車で空港へと向かって行く時に、浜田さんと偶然、道で再会したのであるが、その時に私に向かって強く手を振っておられた光景は、何故か駒井哲郎さんのありし日の姿と重なって今もありありと眼に浮かぶ。駒井哲郎、浜田知明。このお二人は精神が無垢なままに通じ合う、戦後のある時代を共有するパイオニアであった。……そして版画の黎明期を支えるべく、真摯に版画と向かい合った先駆者であった。私は彼らから銅版画のみに潜むエッセンスを吸収したが、それは通史としての版画史の核に通じるものでもある。……浜田知明。この澄んだ魂と、反骨にして深く人間の不条理を凝視し続けた人の事は、私は年賀状に青いインクで書かれた励ましの言葉と共に決して忘れないであろう。

 

カテゴリー: Words | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

北川健次詩集『直線で描かれたブレヒトの犬』
Web 展覧会
作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律