月別アーカイブ: 11月 2019

『一葉に恋して・本郷編』

先日まで開催していた高島屋の個展に、映画の企画をされている成田尚哉さんが来られて、24歳の若さで逝った、日本初の女流作家・樋口一葉の映画化に触手が動いて来た旨を話された。……7月頃のブログに書いたが、アトリエに成田さんが来られた際に、樋口一葉を、従来の文芸ではなくミステリ―の角度から現代の切り口で立ち上げると間違いなく面白い作品が出来ますよ!……と私は話して、劇画家の上村一夫の『一葉裏日誌』を渡していたのだが、持ち帰って読まれて、次第に企画者の視点から一葉の多面的な面白さ、捕らえ難さが浮かび上がって来たようで、私は嬉しかった。

 

 

 

11月20日の11時に、丸の内線『本郷三丁目』駅で、私は成田さんと待ち合わせて、ある方向へと歩き出した。成田さんに「これから何処に行こうとしているかわかりますか?」と話すと、成田さんは「本郷菊冨士ホテル跡か、樋口一葉の旧居跡!」と言われた。その通りで、私はこれから成田さんを連れて、本郷の坂の下、さらにその坂の下にある、作家を志し始めた頃に母親と妹の邦子と住んでいた頃の井戸が今に残る旧居跡(画像参照)、その石段上に住んでいた金田一京助(石川啄木も頻繁に訪れた)旧居跡、その傍に在った、樋口一葉が金銭的に追い詰められ、意を決して「秋月」という変名で接近した怪しい相場師・久佐賀義孝の旧居跡、一葉がその短い晩年まで通った質屋『伊勢屋』(そのままの姿で遺構が残っている)、一葉が死んだ年に生まれた宮澤賢治が上京して一時期住んだ旧居跡、……等を歩きながら、私は一葉という謎多き天才の魅力について語り、その後に老舗の鰻屋『鮒兼』に入って、嬉しくも成田さんの奢りで鰻重、肝焼き、ビ―ルを頂きながら、なおも語った。……一葉が書き遺した日記(14歳からの)は膨大な頁になるが、その数頁が一葉によって何故か意図的に破られている。また、晩年に樋口一葉宅を多くの文学青年達が慕って訪れ、その光景と彼らの人物像を一葉は詳細に描いているのであるが、何故か、その青年達に交じって訪れていた若き日の泉鏡花については全く触れていない。しかし、敏感な一葉は、只者ではなく、一葉の美を継ぐように文学空間を拓いていく鏡花には、一際覚えるものがあった筈で、その鏡花からの視点も映画の中に取り入れていくと、謎は深まりを見せる筈…………などなど語りながら、そのまま私達は、いま本郷三丁目のギャラリ―884で開催中の私の個展会場へと向かったのであった。今回の個展では、なかなか展示する機会のなかった銅版画作品(10点)をメインに、オブジェ(9点)、コラ―ジュ(9点)、写真(3点)、併せて31点を展示中。会期は今月の30日迄であるが、本展が東京での今年最後の個展になる。……連日多くの方が来られて賑わいを見せているが、近年の中でも最も完成度の高い作品が展示されている今回の個展、ぜひご覧頂けると有り難いのである。

 

 

 

北川健次個展『黒の廻廊―〈切り取られた〉光の記憶』

会期:11月12日~11月30日 11時~18時30分

〈月曜休み・最終日は4時まで〉

会場:ア―トギャラリ―884

東京都文京区本郷3―4―3 ヒルズ884 お茶の水ビル1F

TEL03―5615―8843

 

 

 

 

 

カテゴリー: Event & News, Words | タグ: | コメントは受け付けていません。

『大規模な個展終了、そして次へ……』

やく3週間の長きに渡って開催された日本橋高島屋本店・美術画廊Xでの個展が先日、盛況のうちに終了した。今回で12回目になるが、夏にアトリエに来られて「出品作品全てが、今までで最も高い完成度を示している」と分析された、美術部の福田朋秋さんの予見通り、個展初日のオ―プンと同時にコレクタ―の人達が次々に来られ、また、美術館も運営され、私の作品と3年前に出会って以来、既に50点以上収蔵されているS氏が、秘書の方と共に来廊され、今回も鋭い直感力と眼識を持ってたちまちの内に作品が選ばれていき、初日の午前の2時間だけで早くも10点以上の作品が、その人達のコレクションに入っていった。それが幕開けとなって、会期中に都内、また遠方の各地からも、連日数多くの方が来られ会場は賑わった。そして、この賑わいは年毎に高まりを見せている。……私は、「作品の作者は二人いる」という考えを強固に持っている。その一人は、まぎれもなく作品を立ち上げた私。そしていま一人は、それをコレクションし、日毎に様々なイメ―ジを組み立て、長い年月をかけて、その作品と対話していくコレクタ―の人達である。コレクションするという行為はまさしく創造行為であり、特に私の作品をコレクションされている人達は、その意識の高みが高く、美意識が強いという感想を、私は経験的に抱いている。作品とは本質的に匿名であり、故に作品を観て、またコレクションに何れを決めるか!……と考えている時の、会場でのその人達が放つ「気」は真剣そのものであり、鋭い空気が会場に充ちている。作品の前で、いま彼らは自身の観照の意識と向き合って対峙している!……会場にいて、私が最も手応えを覚えるのは、まさにこの瞬間なのである。

 

…………かくして、3週間が過ぎ、個展最終日がやって来た。毎日会場にいる私の疲労も、さすがにピ―クを迎え、最終日は静かな終わり方をすると思っていた。…………午前中から画廊の奥の小部屋では、私の次に開催される個展『現代美術の室礼―村山秀紀の見立て』で特別上映される映像インスタレ―ション『糸口心中』の為の器械設置で、美術家の束芋さんが設営準備に取り組んでいる。そして、個展をされる、我が国の表具師の第一人者である村山秀紀さんが、照明などの事で美術部の人と奥で打ち合わせをされている。……村山さんと「見立て」についての話をし、意見が一致する。どの表現の道も詰まる所の着地点と、その深度は同じなのである。ただ、多くの表現者たちがそれに気づかず、狭い概念を安易になぞっているだけである。……個展最終日も夕方に近づいた頃に、写真家として私が最も尊敬している川田喜久治さんが来られた。川田さんが笑みを浮かべながら私にA3大の硬いカルトンに入ったものを渡された。開けて見ると、昨年の個展の際に私を被写体として背景にオブジェを配した、私のポ―トレ―トを厚い和紙にプリントした貴重な作品である。裏面には川田さんのサインが書かれており、氏の代表作に加え、私はまた一点、貴重な作品を川田さんから頂いたのであった。暫く歓談されて川田さんは帰られた。そして画廊にまた静寂が訪れたと思ったのも束の間、個展最終日を知って訪れた人達で会場が再び人群れで埋まった。……その中に、私は一人の人物(しかし、最もお会いしたかった人の一人)が来られているのを見つけ、熱いものが込み上げた。……アメリカの美術界でもその名は知られる存在であり、私のオブジェを絶賛したクリストやホックニ―とも親しいコレクタ―のW氏が、昨年に続き来廊されたのである。話を伺うと、先ほど成田に着かれ、その足で私の個展に直行された由。……さっそく、展示作品の中から鋭い直感力で、たちまちの内にコレクションの数々が選ばれていった。……かくして、美術画廊Xでの個展は終了した。……来年の会期も早々と決まり、私は福田朋秋さんに、来年秋の個展のタイトルを書いた紙をそっとお見せした。生き急ぐ私は、もう次を見据えているのである。そのタイトルはまだ秘密であるが、次の個展では、更なる展開と実験的な拡がりを暗示すると思われるそのタイトルを見て、福田さんはすぐに私の秘めた意図を了解された。

 

…………11月12日~30日迄は本郷のギャラリ―884で、そして12月6日~11日迄は鹿児島の画廊レトロフトで3年ぶりの個展が開催され、今年の私の表立った活動は終わる。しかし、私の頭の中では、来春刊行予定の初の詩集の為の構想がじわじわと沸き上がっており、またオブジェの新たな領土への模索が既に始まっているのである。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Event & News, Words | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律