『フェルメールについての講演のお知らせ』

3月7日、今日は一転して雪である。二つの個展がようやく終わり、今は一息ついている気分である。それにしても個展には多くの方々が来られた。その数合わせて約千人。これは画廊という形では驚異的な数字である。皆さんが時間をかけて鑑賞し、幅広い世代の方々に作品がコレクションされていった。この場を借りてあらためてお礼を申し上げたい。

 

さて、今日は今月の26日(土)にフェルメールについての講演を開催するので、そのお知らせである。講師は私の他に画家の野見山暁治氏(27日)、修復家の岩井希久子氏(4月2日)の三名。私が長く講師をしている東急セミナーBEが「自由が丘校」を開設するに伴い、それを記念して行う連続講演なのである。

 

私の講演は、渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム日本初展示されるフェルメールの『地理学者』に絡んだもので、演題は『光の結晶—フェルメール絵画の謎・その本質を読み解く』。なぜ古今の美術史において彼の作品のみが突出して異質なまでに美しく見えるのかという、フェルメール絵画の本質的な疑問と謎に真正面から迫り、実証的に、彼が使ったとされるカメラ・オブスキュラの原器を、受講された方々に見せながら解き明かしていくというものである。又、今回初展示される『地理学者』のモデルと、フェルメールとの数奇な関係につぃて言及し、スピノザまでも登場する内容になっている。私が以前に文芸誌「新潮」に発表したフェルメール論『デルフトの暗い部屋』を軸に、新たな解釈を加えていく。フェルメールに興味のある方は、ぜひ御参加ください。受講をご希望される方は、東急セミナーBEまで。

 


『光の結晶—フェルメール絵画の謎・その本質を読み解く』

日時:3月26日(土)13:30〜15:00

会費:2.000円(定員制)
会場:東急セミナーBE「自由が丘校」
東京都目黒区自由が丘1-6-9 自由が丘東急4F

東急東横線・大井町線「自由が丘」駅 徒歩1分

 

お申し込み:
東急セミナーBE 自由が丘校・開業準備室

 

TEL.03-3477-6277(3/22(火)まで)
TEL. 03-5726-4153 (3/23(水)より)
担当.加藤正子
*定員に達し次第閉め切ります。

カテゴリー: Event & News   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律