『次々と個展の企画が……』 

新しいアトリエに2トン車で4台分の荷物を運び入れて、ようやくの引っ越しが片付いた。2メ―トル40センチ幅の巨大な作業台2つがアトリエに配置され、制作が順調に進み、新作が次第に形になっていく。……今年の春は引っ越しの後に休む間もなく、3月(東京)、4月(福井)、5月(東京)と個展の予定が入っており、すぐに切り換えて集中的に制作に専念の日々が続いているのである。そして先ずは3月6日からの4回目となる個展が、銀座・画廊香月で明後日から始まろうとしている。四年前に、尊敬する先達の画家の池田龍雄さんから「もし良ければ1度、画廊香月で個展を……」というお話があり、池田さんからの話ならばと前向きになって実現して以来、毎年、この画廊での個展がだいたいこの時期に開催するのが定着して、早くも連続4回目である。画廊香月での個展は3月25日で終わるが、次は4月1日から、福井の画廊サライでの2年ぶり2回目となる個展が4月末日まで開催され、5月からは、昨年の夏から秋にかけてパリとブリュッセル、そしてロ―マで撮影した写真展が、明治座近くにあるギャラリーサンカイビで開催する予定で、いま最後のプリントの段階まで作業が進んでいる。そして秋には高島屋・美術画廊Xでの連続10回目となる個展の企画が入っており、また新たな表現領域での展開を計るべく、脳裡の中でじわじわと構想が立ち上がってきている。継続は力なりという言葉を裏付けるように、高島屋の今年の開催時期を問い合わせる熱心なコレクタ―の方が早くもおられるが、表現者としてなにより燃えてくる話であると思っている。…………今日は画廊での展示作業があるので、今回のメッセージは概括的なお知らせに終始してしまったが、近々に書く予定のメッセージでは、また興味ある話をと、考えている次第である。

 

 

 

 

 

カテゴリー: Words   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

商品カテゴリー

作品のある風景

問い合わせフォーム | 特定商取引に関する法律